いぼの手術を申し込み【手術にかかる時間は非常に短く】

女性

痛みが少ないのが特徴です

鏡を見る人

メスで切除を行います

いぼは首や胸元、顔などの皮膚が薄くデリケートな部位にできやすく、直径が1mmから3?ぐらいの大きさが多いですが、直径が5mm以上の大きないぼが出来てしまう可能性もあります。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、比較的小さい場合は液体窒素やレーザー治療を行うことが多いですが、ウィルス性で治りにくいタイプだったり、サイズが大きかったり、特殊な場所に出来ている場合は、切開切除法による手術が受けられます。事前に局部麻酔を行ってから、根本からメスを使用して切除を行います。切除を行ってから患部を縫合するため、一週間後に抜糸をする必要があります。切開切除の手術を受けてから、数回の通院が必要になりますが、患部に肌色の絆創膏を貼ってくれます。施術直後は皮膚に赤みが出る場合もありますが、3、4週間ぐらいで目立たなくなるので安心して下さい。高い技術が必要な治療法なので、経験豊富な医師が在籍をしている美容外科や美容皮膚科のクリニックを選ぶことが大事です。完全個室で診察やカウンセリングが受けられるので、リラックスして話ができます。基本的には保険適用が受けられるので、費用もリーズナブルなのが特徴です。大きめのいぼで悩んでいる人にお勧めです。美容外科や美容皮膚科のクリニックは、完全予約制になっている所が多いため、事前に電話やインターネットで予約を入れておきましょう。希望の時間に診察が受けられるので、皮膚の形状に合わせた治療法を提案してくれます。大きめのいぼや、ウィルス性の場合は、切開切除法による手術が勧められますが、施術を受ける前に血液検査を行うケースがほとんどです。いぼは皮膚が盛り上がっていたり、黒っぽい形状をしていたりする物もあるので、容姿に悪影響が出てしまうので悩んでいる人が多いです。直径が5mm以上のサイズの場合は、液体窒素による除去よりも手術のほうがお勧めです。いぼは40代、50代以降の人に見られることが多いですが、遺伝的な要因がある場合は20代の若い人にも見られることもあります。美容外科や美容皮膚科を選ぶ時は、丁寧なカウンセリングや診察を行い、治療法や費用についてもきちんと説明をしてくれる所を選んで下さい。地元で評判の高いクリニックを選ぶと、なるべく傷跡を残さずにきれいな仕上がりを心掛けています。電気メスを使用した切除手術は、傷の治りが速く出血も少ないので、現代では大変ポピュラーになっています。定期的に通院をしなければなりませんが、施術を受けた後はきれいな皮膚になれます。